本文へジャンプ
未成年者の方の受診について

未成年者の受診には、原則保護者の方(保護者、法律上の代理人及び同行者として当院が認めた方)の同行が必要です。


未成年者のみの受診の場合

@受診前までの病歴や投与されているお薬、アレルギー等、以後の診療に重大な支障を生じる可能性のある問題点の有無を確認することが困難

A検査や処置に付随しうる危険性や薬の副作用等への理解が不十分になる可能性

B診療方針の決定に際し必要な説明を行った上での同意を得ることが困難
等の種々の問題を生じる可能性があります。


やむを得ず同伴できない場合、診療内容によっては、担当医の判断で後日改めて同伴で来院していただく場合があります。

ただし、その場で適切な検査や処置を行わないと重大な後遺症や生活上の危険性を生じると考えられる場合には、保護者の方への説明や同意を得ることを待たずに診療を開始することがありますが、その場合でもできるだけ早く保護者の方にご来院いただくようお願いしております。


再診の場合は、ご年齢や診療内容によっては、予め保護者の方に説明を行った上で未成年者のみの受診が可能な場合もありますので、担当医にご相談ください。

ご不便な点もあるかと存じますが、十分ご納得の上でお子様に安心で安全な医療を受けていただくため、ご理解ご協力をお願い致します。


柿田眼科
戻る