本文へジャンプ
院長のオルソケラトロジーに関する論文が 海外の医学雑誌に掲載されました
柿田眼科にてオルソケラトロジーを始めて10年以上が経過しました。
オルソケラトロジー先進国の米国では経験的に
「オルソケラトロジーを継続すると近視の進行が抑制される」と言われており、当院のホームページでも記載しています。しかしそれは科学的に証明されていませんでした。
そこで当院で積み重ねた
データを筑波大学と協同研究していただいたところ、近視の進行抑制効果が科学的に認められたため、論文としてまとめました。そして今回、IOVS (Investigative Ophthalmology & Visual Science)という米国の有名な眼科医学雑誌にその論文が認められ、掲載されました。

論文の抄録は以下のアドレスでご覧できます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21212181

近視の進行が心配な方々に朗報になればと、院長を始め柿田眼科一同は考えております。お気軽 にご相談ください。

*近視の進行抑制効果はあくまでも平均値ですので、その効果は個人間にバラツキがあることはご了承くださ い。

オルソケラトロジーの部屋へ戻る







 
オルソケラトロジーの継続にて近視の進行が 抑制されることが認められました