乳幼児の保護者様へ 本文へジャンプ


● 新型コロナウィルス感染症拡大傾向が続いております。
院内の皆様が安心して診療を受けていただけますよう、2才以上のお子様が受診される場合はマスクをご用意いただき、問診、検査及び診察の際にはマスクを着用していただきますようお願いいたします。

● 当院では、お子さんにできるだけ恐怖心を与えないよう心がけて検査等を行っていますが、白衣を見ただけで泣きだしてしまったり、じっとしていられないお子さんを安全に診察するため、身体や頭をおさえさせていただくことがあります。そのような場合、激しく泣いたり咳込んだりして吐いてしまうとのどを詰まらせて命の危険につながるおそれがありますので、当院では診察1時間前から検査や治療が終了するまで授乳や飲食は控えていただいております。
問診の際に最後に食べたり飲んだりした時間をお伺いしますのでお知らせください。
 また、診察の際、お一人で椅子に座れないお子さんは、保護者の方に抱っこされたまま診察を行うことがあります。お子さんの足を保護者の方の足ではさみ、お子さんの両手をしっかり握っていただくとお子さんが安心して診察しやすくなります(下図)。それでも動いてしまう場合は頭をおさえさせていただきます。より安全により詳しく検査等が必要な場合は、お子さんだけ処置室にお預かりする場合があります。保護者の方から離れると不安になり、泣き方が強くなることがありますが、診察は安全に十分配慮の上で行っていますのでご安心ください。

診察室ではこのようにすわっていただきます

Unauthorized copying prohibited.

(無断転用禁止)