オルソケラトロジーの部屋へようこそ。
ここでは、オルソケラトロジーについてご説明します。  


1.
オルソケラトロジー(Orthokeratology)とは、特殊コンタクトレンズを使用して近視を治療する方法です
現在の近視治療には、レーザー治療(LASIK、PRK)が有名です。角膜(黒目)をレーザー光線で蒸発させて削り、近視を治す治療法です。これはやり直しが効かないため、ある程度のリスクを覚悟しなければなりません。また、角膜が薄くなりますので手術後の目の強度が問題視されています。
オルソケラトロジーとは、Orthokeratology=ortho正常(化)+kerato角膜+logy研究、学問 つまり、角膜矯正学という意味です。 眠っている間、特殊なハードコンタクトレンズ(OKレンズ、上写真参照)を装用し、角膜の形を平らにして、レーザー治療と同様の効果を生む近視治療です。

2.オルソケラトロジーの特長
(1)やり直しができるので安全(2)日中にゴミが入って痛くなったり、コンタクトが外れたりする心配がない(3)角膜の強度は変わらない(4)夜間装用なので、親が管理できる(5)日中は自由に目薬ができる(6)近視の進行を抑制できる(詳しくはこちらをどうぞ) 等、様々なメリットがあります。

3.オルソケラトロジーの欠点
オルソケラトロジー効果の持続時間は1〜2日です。残念ながら、眠っている間のOKレンズ装用を毎日か1日おきに続ける必要があります。診察も、3ヶ月に1回の定期検査が必要です。
また、適応も限られます。-2〜-3D以下の近視、視力だけでは説明できませんが、0.1以上の視力である軽い近視がより治りやすく、強度の近視は難しいようです。また、特に年齢制限はありませんが、角膜が軟らかい若い方の目ほど治りやすいと考えられます。トライアルレンズの効果を確認して、治りやすいかを判断します。

4.オルソケラトロジーの費用(消費税8%で計算しております)
この治療法は医療保険で認められていません。当院では、片目に108,000円、両目に216,000円(税込)となります。これには、OKレンズ代、診察代を含みます(OKレンズのケア用品代とOKレンズ装用に要する目薬代は別途必要です)。
ただし、オルソケラトロジー開始後1年以降は、継続料として片目に年間21,600円、両目に43,200円(税込)が必要です。これには、診察代に加え、汚損、破損時のOKレンズ代(片眼につき年1回まで無料)も含みます。
※オルソケラトロジーに係る費用については、医療費控除の対象となりますので
 領収書は無くさないように保管して下さい。


柿田眼科にてオルソケラトロジーを受け付けております。
お電話またはメールにてご連絡下さい。

TEL 04-7159-8888
E-Mail kec@kakitaeyeclinic.com

       
     [柿田眼科でのオルソケラトロジーの結果]
        2〜3ヶ月でほぼ全員が0.8以上となっています